【2020年版】実はRTA初心者向け! スーパーマリオ64のRTAの始め方

thumbnail3DACT

まえがき

2019年末に開催された『RTA in Japan 2019』(日本最大級のオフラインRTAイベント)では、大トリに『スーパーマリオ64 16枚RTAレース』が行なわれた。

RTA in Japan 2019: スーパーマリオ64

Twitch配信でのリアルタイム視聴者数は20,000~23,500超

こんな大人数がマリオ64RTAを見ることは滅多にないので、マリオ64プレイヤーなら誰もが驚いたことだろう。

この配信が終わった後、TwitterなどのSNSを見てみると”マリオ64″に関する反応が数多くあった。中には「やってみたい」のようなコメントもちらほらあったので、「新規プレイヤーが増えるかも!?」と思った――のだが。

よく考えてみると、ゼロからマリオ64RTAを始めたい日本人向けに「とりあえずここを見ればいいよ!」というような日本語ガイドが全く無いのだ。

そこで今回は、『マリオ64RTAはRTA初心者向け』ということを話した後、マリオ64RTAを始めるための第一歩を紹介する。

実はマリオ64RTAはRTA初心者向け! その理由は?

1996年発売のゲームなのにも関わらず、世界中を見渡すといまだに新規プレイヤーが増えているマリオ64RTA。

私は「RTAをやってみたいが、どのゲームのRTAに手を出せば良いのか分からない」と悩んでいるあなたに、まずはこのゲームのRTAをやってほしいと思っている。

その理由は『マリオ64RTAがRTA初心者向けだから』だ。とは言ってもピンとこないと思うので、このセクションにて、初心者向けと言える大きい理由を3つ話そう。

理由その1: ちょっとした時間で簡単に走れるから

マリオ64RTAにおける一般的なカテゴリとクリアまでの目安タイムは以下となっている。

カテゴリ目安(初心者)
0/1枚RTA15分程度
16枚RTA25分程度
31枚RTA40分程度
45枚RTA50分程度
70枚RTA1時間程度
120枚RTA2時間程度

基本的に1時間以内で終えられるカテゴリばかりなので、ちょっとした時間があれば走ることができると分かるだろう。

長い時間を要するRTAだと覚えることが多くて練習段階で挫折したり、単純に走る時間が作れなかったりするが、マリオ64でそういう心配は不要なわけだ。

また、『1フレーム技を使わないと完走不可能』みたいなシビアなカテゴリは存在しないどころか、うまい人の見よう見まねでマリオを動かせばどのカテゴリでも完走できてしまうので、そういう意味でも初心者向けなのである。

理由その2: RTA技が豊富なので、技習得時の喜びを何度も味わえるから

マリオ64RTAには『ぶっこわ』や『たきのぼり』といった数多くのRTA技が存在する。

初心者の頃はそれらの技を「どういう入力なら成功するんだろう?」「他の人の動画を見てみよう」と色々試していき習得に至るのだが、試行錯誤したこともあって、初めて技を成功させた時の喜びが半端ないのだ。

この技習得の喜びを簡単にたくさん味わえるのがマリオ64RTAなのである。

ちなみに、かっこいいRTA技も結構な数あり、それらができるようになるとRTAをしている気分に浸れるというのもオススメしたい理由のひとつである。

理由その3: マリオ64RTAに関する情報がしっかりまとまっているから

speedrun.comの集計ページを見ると分かるが、マリオ64のRTAは世界でもトップクラスの人気を誇る。

そのおかげか、情報をまとめてくれる方がたまにいて、『RTAガイド』『ツール等の使い方』『RTAにおける基礎操作の紹介』など、様々な情報がまとまっているのだ。

さらに、マリオ64 SpeedrunのDiscordサーバには、練習中で出た疑問点などを質問できるチャンネルや、コントローラなどの道具に関する質問ができるチャンネルまでもがあり、RTA初心者にはこの上ない環境となっている。

しかし、これらの資料やチャンネルは基本英語なので、英語アレルギーの方はちょっと抵抗があるかもしれない。

そういう方は、本記事の最後のほうで紹介している日本語資料を読んだり、日本人マリオ64プレイヤーのツララ氏が開講している『ツララ塾』に質問箱があるので、そこで質問してみると良いだろう。

もしくは、Twitterなどを通して、日本人マリオ64プレイヤーに質問してみよう。優しい人ばかりなので、親切に答えてくれるはずだ。

とりあえずRTAしてみたいけどどうすればいい?

マリオ64RTAがRTA初心者にオススメなのが十分伝わったところで、「やってみようかな」と思ったあなたのためにマリオ64RTAを始めるための第一歩を紹介する。

 

準備編: NINTENDO64とマリオ64を買おう!

マリオ64RTAを始めるにあたって、ゲームそのものを持ってないと話にならない。ゼロの状態からそろえる方は以下の2点を購入しよう。

必要なもの1: NINTENDO64(ゲーム機)

マリオ64では、NINTENDO64・バーチャルコンソール・エミュレータで記録が分けられており、群を抜けて人気があるのがNINTENDO64となっている。

なぜ分けられているのか……、記事を書いたことがあるので気になる方は読んでみてほしい。

【マリオ64 RTA】なぜNINTENDO64とVirtual Consoleの記録集が分けられているのか _ スーパーマリオ64RTAインフォ

「バーチャルコンソールじゃないとできない」みたいなRTA技はないので、私はNINTENDO64をオススメする。

必要なもの2: スーパーマリオ64のカセット

マリオ64には、代表的なカセットが以下3つある。※日本のバーチャルコンソールは『日本語 振動版』。

  • 日本語 初期版
  • 日本語 振動版
  • 北米版

『日本語 振動版』は、有名なバグ技『ケツワープ』ができないなどのデメリットがあるので、一般的なマリオ64RTAで使われるのは『日本語 初期版』か『北米版』となっている。

『北米版』は入手が面倒なので、とりあえず始めたい人は『日本語 初期版』を買えば良い。日本版のカセットの見分け方は以下となっている。

  • カセットのステッカーが羽帽子マリオになっているのが『日本語 初期版
  • カセットのステッカーがマリオとクッパになっているのが『日本語 振動版』

sm64_j1.0_cartridge
『日本語 初期版』カセットの写真(羽帽子マリオ) © 2020 circumark994

NINTENDO64(ゲーム機)やカセットはどこで買える?

以下のような場所で購入できる。(値段はピンキリで場所によって異なる)

「友人からNINTENDO64をもらう」などの手段もあるので、あの手この手で探してみてほしい。

 

スタート編: 16枚RTAをなぞり、練習用データを作ろう!

マリオ64の中で簡単に完走できるカテゴリは16枚のスターを集める『16枚RTA』だ。

「はじめ何からすればいいのか分からない」と悩んだあなたは、以下のような16枚RTAの動画をまねて、とりあえずクリアしてみるのが良いだろう。

クリアする頃にはそこそこ動かせるようになっているし、16枚の練習用データが作れるので一石二鳥なはずだ。

また、有志により作成された『初心者ガイド』がマリオ64RTAの情報サイトにあるので、ここを読んでみるのも手だと思う。

なお、最初に行なう方法として、「とりあえず全120枚のスターを回収してみる」という方法もあるが、私はオススメしない。

始めたばかりの頃は全スター回収するのに苦戦するため、あまりの難しさにRTAをやる前に投げ出してしまう可能性があるからだ。

はじめは16枚からマスターして、自由自在にマリオを動かせるようになったら枚数をちょっとずつ増やしていく、というのがマリオ64RTAを長く楽しむコツだと私は思う。

ちなみに、マリオ64を起動したら真っ先にやるべきことは、サウンドの設定を『モノラル』へ変えること。忘れずに必ず行なってほしい。(モノラルが一番処理落ちが少ないため)

sound_1 sound_2 sound_3
右下の紫ブロックをAボタンで選択しモノラルへ変更 © 2020 circumark994

16枚RTAをなぞり終わった後は16枚の練習用データができているはずなので、

  • 16枚RTAで使うスターを1枚1枚練習してみる
  • とりあえずできそうなスターからマスターする
  • かっこいいRTA技にチャレンジしてみる

など、各自の思うように練習してみるのが良いだろう。

最後に、先で紹介した16枚RTAの動画だけでは情報が足りないと思うので、初心者でも使える資料を以下の表にまとめてみた。

これら資料は非常に有用なので、すぐには使わなかったとしても、ブックマークしておけばいつか役に立つ日が来るはずだ。

日本語説明
スーパーマリオ64RTAインフォマリオ64RTAの情報サイト。日本語で一番最新&最多の情報を取り扱っているのがこのサイト。

カテゴリ解説や各スター解説だけでなく、最近話題になっていることなども取り上げているのが特徴。

マリオ64 RTA記録保管庫の用語集昔は頻繁に利用されていたwiki。

本wikiは現在更新が止まっているため古い情報が多いが、用語集などはまだ現役で使えるため紹介。

スーパーマリオ64 リンク集海外マリオ64プレイヤーのminikori氏が作成している『Super Mario 64 Speedrunning Resources』を日本語化したドキュメント。

マリオ64RTAをするにあたり必要なサイトや資料などのリンクが集まっている。見つからない情報があったらとりあえずここを見てみると良いだろう。

英語説明
RTA Guide – UkikipediaUkikipediaはマリオ64に関する情報が載っているサイトで、コンテンツのひとつに最新のRTAガイドがある。

このガイドは、海外ではマリオ64RTAを始める時にこのガイドを見るお約束となっているぐらい有名なガイドとなっている。

出来がかなり良いことから、日本人でも利用者が少なからずいる模様。スターの英語名さえ分かれば見ることができると思う。

Ultimate Star Spreadsheet各スターなどのRTAルートのタイム+動画が全て載っているリーダーボードのようなシート。

マリオ64RTAプレイヤーならお馴染みのシートで、国内外問わず利用者・参加者が多い。各ルートごとに動画があるので、見たいRTAルートの動画が見つからない時はとりあえずこのシートから探そう。

むすび

「最初にチャレンジするカテゴリは16枚RTAじゃないとダメ!」というわけではないので、いきなり長いカテゴリにチャレンジしても良いし、特殊なカテゴリや改造マリオ64のRTAなどにチャレンジしても良いと私は思う。

とにかく、自分がやってみたいカテゴリをやってみてほしい。

ちなみに、マリオ64RTAを極め始めると、『練習効率化ツールの導入』や『コントローラの厳選・調整』などの話も出てくるのだが、最初のうちは考えなくて良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました