【RTAイベント紹介】Kings of Kongs: スーパードンキーコング Any%トリロジー国際リレー

2DACT

本記事では、2020年8月30日に開催されるオンラインイベント『Kings of Kongs: スーパードンキーコング Any%トリロジー国際リレー』について、概要と見どころを紹介します。

Kings of Kongs:大会概要

Kings of Kongs: スーパードンキーコング Any%トリロジー国際リレー』は、4チームのレース形式で行われるオンラインのRTAイベントです。各チームは同じ国(大陸)の走者3名で構成され、『スーパードンキーコングシリーズ』の3作品をリレー形式で繋ぎます。

Kings of Kongs:見どころ

ここでは、本イベントに採用されている3種目の見どころについて紹介します。以下の表は、本稿執筆時点での各種目の世界記録と、出場者の自己ベストです。

世界記録日本カナダブラジルEU
ドンキー1

All Stages

31:13momoiro_tj

33:52

bluebeary26

32:41

Narti1800

33:23

dna423

32:26

ドンキー2

Any%

38:18Masamasa_64

38:56

Panduh4

40:10

BlueImp78

39:56

SBDWolf

38:51

ドンキー3

Any%

46:21Arknsur

47:45

Glan

48:38

Doumeis

48:50

Anankoz

46:57

スーパードンキーコング All Stages

全てのステージをクリアしたうえで、ラスボスである『キングクルール』の撃破を目指すカテゴリです。『飛鳥文化アタック』に代表される、高難易度かつド派手な技を駆使してスピーディにステージを駆け抜ける本作は、3作品の中では最もタイムがブレやすいのが特徴です。特に、以下の記事で紹介している『ステージ離脱バグ』は、今年発見されたばかりの大きな見所ですが、ソフトロックのリスクを伴う非常に怖いポイントでもあります。

【スーパードンキーコング】「RTA8分切り」の壁を壊した『ステージ離脱バグ』

スーパードンキーコング2 Any%

ラスボスである『キャプテンクルール』の撃破を目指すカテゴリです。本作のAny%では、『無の取得』を駆使した謎の儀式によって、正規でない方法で離脱するステージが多いのが特徴です。儀式に失敗してしまうと大きなロスになるので、その成功率が1発勝負におけるタイムを大きく左右します。また、今年の4月に発見されたばかりの高難易度技『Arctic Zip』に挑戦するかどうかも、走者によって分かれることが予想されます。

【スーパードンキーコング2】Any%RTA2年ぶりの大発見!氷の壁を抜ける『Arctic Zip』

スーパードンキーコング3 Any%

ラスボスである『バロンクルール』の撃破を目指すカテゴリです。ステージの大部分をカットするようなバグ技の多い他の2作品と比べると、正規の攻略法に近いルートが使われるステージが多く、1発勝負でも走者の実力が反映されやすいカテゴリです。通常、RTAでは日本版が有利ですが、今回は北米版で走るプレイヤーも参加します。両バージョンの差が最も大きく表れるのはボス『カオス』戦(以下の記事にて戦い方を解説しています)とボス『ブリーク』戦です。ボス戦での技を上手く決められれば速い日本版と、安定感に長ける北米版、どちらのプレイヤーが好タイムを残すのか注目です。

【世界記録紹介】スーパードンキーコング3 103%

まとめ

本イベントは、筆者が個人的に見たいと思っていた国別対抗ドンキーリレーを、V0oid氏の協力を得て実現した夢のような企画です。同種目によるリレーは2017年にRTA in Japan 2でも披露されていますが、それ以降に見つかった新しい技も多数披露されます。世界各国のドンキーRTA走者達による熱いレースをお見逃しなく!(本番のアーカイブは以下の動画です。)

【日本語配信】Kings of Kongs: スーパードンキーコング Any%トリロジー国際リレー

コメント

タイトルとURLをコピーしました