超スタイリッシュ! 計算パズルゲーム「EQUALINE」のRTAを紹介します

パズルゲーム

突然ですが、皆さんはパズルゲームのRTAに対してどんなイメージを持っていますか?

普段アクションゲームのRTAで壁抜けを決めまくっている人でも、「パズルゲームは苦手」、「できたらかっこいいとは思うけど……」などと思っているのではないでしょうか。

 

それでも、「かっこいいパズルゲームを走れるようになりたい!」と思う人におすすめなのが、スタイリッシュ一筆書き計算パズルゲーム、EQUALINEです。

今回は、そんなEQUALINEのRTAの魅力をご紹介します。

ルールは誰でも知っている!? EQUALINEはこんなパズルゲーム

EQUALINEは、インディーゲーム開発チーム「丸ダイス」が開発した、スタイリッシュ算数ゲームです。

2020年に開催された「Puzzle Game RTA Festival」でも披露されたため、そこで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 


EQUALINE「一筆書き計算パズル」 | YouTube

 

紹介動画を見てもわかるとおり、正方形のマスを一筆書きでつなぎ、指定された数字を導き出すさまは、まさにスタイリッシュ。

一見するととても難しそうに見えるかもしれませんが、実はゲームのルールは四則計算のみなので、義務教育を修了した人であれば誰でもルールが理解できます

もっと厳密に言えば、足し算と引き算は小学1年生、掛け算は2年生、割り算は3年生で学習するので、小学校高学年の子どもでも遊べます。(参考:小学校学習指導要領解説 | 文部科学省

EQUALINEのプレイ画面。指定された数字が答えになるよう、一筆書きで式を作る。

 

やっていることは小学校で習う算数、それなのにスタイリッシュで爽快感抜群な今作は、通常プレイはもちろんのこと、RTAでも思う存分楽しめます。

EQUALINEのRTAと主なカテゴリ

EQUALINEは、投稿日現在speedrun.comにページこそないものの、イベントで披露されたり動画が投稿されたりと、RTAが活発に行われています。

ここでは、過去にイベントで披露された2つのカテゴリを紹介します。

Hi-Speed Mode 100 targets

Hi-Speed Mode 100 targetsは、3つあるモードのうちの1つであるHi-Speed Modeで、答えを100にする問題までの全98問を解く速さを競うカテゴリです。

Puzzle Game RTA Festivalで披露されたため、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

Puzzle Game RTA Festival – EQUALINE | Twitch
 

このカテゴリの一番の魅力は、モードの名前にも採用されているハイスピードなプレイングと疾走感です。

比較的簡単な問題がテンポ良く出題されるので、計算がそこまで得意でない人でもパズルを解く快感を味わえます。
(ちなみに、計算が絶望的に苦手な筆者は、10回挑戦して最高到達点が14問目でした。日常生活に支障が出ない程度に計算ができる諸兄はぜひ頑張ってください。)

All Missions Any%

All Missions Any%は、さまざまな条件で解禁される全30個のミッションを解く速さを競うカテゴリです。
第8回RTA BootCampで、MlNTlAさんによって披露されました。


第8回RTA BootCamp:EQUALINE | YouTube

このカテゴリの面白い点は、クリアタイムのコンマ秒以下を00にしなければいけないなど、時にはパズルゲーム以外の能力も求められる点です。

もちろん、複数回パネルを使えるミッションや計算記号を自分で変えられるミッションのように、パズルゲームとしても個性豊かなミッションが揃っていて、やりごたえも抜群です。

All Missions Any%の並走会が行われます!

さまざまなミッションが楽しめるAll Missions Any%は、2月13日にRTA Racingにて並走が行われます。

今回の並走の一番の見どころは、EQUALINEの制作者であるPuzzler K氏が走る点です。

昨今のRTAイベントでは「ゲームの制作者が解説をする」というケースが見られますが、製作者自らが走る例はかなり珍しいのではないでしょうか。
制作者も走る猛者だらけの並走、ぜひご覧ください。

さいごに

RTAも楽しめるスタイリッシュ計算ゲーム「EQUALINE」は、なんとSteamでも購入できるようになりました

しかも、2月16日までは15%オフで購入できます。みんなでスタイリッシュなRTAを楽しみましょう!

(記事内の注釈のない画像および動画は、全てEQUALINEから引用しました。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました