【世界記録紹介】QWOP

WR紹介

はじめに

毎週定例記事として公開していく『世界記録紹介』のコーナーです。
本日は『QWOP』のWR記録(世界記録)について紹介します。

QWOPとは

QWOPはWebブラウザ上で遊ぶことのできるFLASHゲームとなっており、陸上選手を動かして100mを完走することを目指すゲームです。

これだけではよく分からないと思うので実際のプレイ動画を見ていただいたほうがいいでしょう。
私が試しにプレイしてみた動画がこちらになります(クリック(タップ)でご覧になれます)。

陸上選手が地上に打ち付けられる様子が延々と流れ続けていますが、これが初プレイ時の“正しい挙動”です。

実際にゲームをプレイするには

上記動画を見て興味を持たれた方がいたら幸いですが、QWOPはWebブラウザさえ動けばどの端末でも遊ぶことのできるゲームです。

FLASHという技術を用いていることからPCでないと難しいですが、基本的なPCをお持ちの方ならどなたでもゲームをプレイすることができます。

QWOPのゲーム本体はゲーム制作者のBennett Foddy氏の公式Webサイトに置かれています。


(画像は QWOP より)

上記リンク先から実際に遊んでくださればと思います。
操作方法は非常に単純で、「Q」「W」「O」「P」の4つのキーを使って陸上選手を動かしてゴールを目指すだけです。

私のプレイ動画を見て何だこの下手くそはと思った方もいると思いますが、馬鹿にしたことを後悔するレベルに動かせなかったはずです。

相当な高難度でそもそもクリアが不可能なのでは…?と思わせるくらいの超絶難易度となっているのがこのQWOPです。

RTAのルール

QWOP - speedrun.com
(画像は QWOP – speedrun.com より)

そんな超絶難易度のQWOPにもRTAが存在しており、多くのプレイヤーによって早くゲームをクリアすべく日々競われています。

RTAのルールは単純明快で、“スタートとともにタイマーをスタートさせ、100mを走り切ったところでストップさせる”というものです。

そもそも10m走り切ることすら難しいのですが、これを“100m”です。
speedrun.com上での最速記録は記事執筆時点で“0分59秒560”となっています。

実際の100m走は10秒を切っていますからそれと比べるととんでもなく遅いのですが、QWOPがどういうゲームなのかを知っている人からすると凄まじく早いタイムです。

実際の世界記録は?

speedrun.com上では0分59秒560が最速記録とされておりこれが世界記録だと思われるかもしれませんが、実はQWOPの世界記録は『ギネスブック』に掲載されています。

2013年4月10日、本作において100メートル51秒という記録をたたき出した、インドのカルナータカ州チンタマニ(英語版)在住の人物が、ギネス世界記録に登録された

(「QWOP」(2019年9月14日 (土) 12:52 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より引用)

ギネスブックにも掲載されたその記録はなんと“51秒”となっています。

実際の動画

QWOP-WR
(画像は Fastest 100m run, QWOP (flash game) – Guinness World Records Challengers より)

掲載サイトが残っていないのでアーカイブからです。
ゆったりした感じでプレイされていますが、スキップをするような足取りで51秒での100m完走を達成しています。

アーカイブなので確認が難しいですが、同走者による51秒の記録は“三度も”達成されているようです。

私はここまで上手にプレイできないので推測ですが、上手に走り始めたときの走行速度をうまく維持することを重点的にプレイされているように感じます。

まとめ

今日は『QWOP』の世界記録の紹介でした。

RTAを行う上でどのゲームのRTAをすればいいか迷ってしまう方もいるそうですが、QWOPならWebブラウザさえ立ち上げることのできる環境ならどなたでも挑戦することができます。

私は遠慮しておきますが、興味が持たれた方がいらっしゃったなら是非51秒の壁を越えるべく挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました